木構造プレカット加工データ作成

  • thiet ke ket cau go
  • dv1
  • dv2
  • dv3
  • dv4

従来、日本の木造住宅建築においては、建築現場で木材を加工していました。現場に届く木材の仕口加工を現場の大工が手作業で加工していました。 現在では、木材はプレカット工場で加工されるようになり建設現場には、必要な長さに切断されているだけでなく、継ぎ手や仕口の加工まで施された材が配送され現場で実施する加工は少なくなっています。

あらかじめ工場で加工することによって、工期の短縮、建築現場スペースの縮小、大工の技量によらない均質な加工などのメリットが得られます。 現在の木造住宅建築においてプレカット加工製品は幅広く採用されております。弊社では 2006年から 木構造プレカット加工データの作成を行ってまいりました。専用キャドで梁架構を検討し入力しており、在来工法と金物工法の両方に対応可能です。2018年から ツーバイ工法の物件も対応可能になっています。

CADソフト:          MPCAD2000(宮川工機社製)

MPCAD8(宮川工機社製)

XSTAR(ネットイーグル社製)

TOACAD(トーア社製)

キャリアネット(2×4工法用)

主な取引先:         日本全国 プレカット工場・ハウスメーカー・・・ 30社以上